未来を育む「全人教育」

誠心第一幼稚園の教育理念は、知徳体の調和のとれた全人格的な人間形成を目指す「全人教育」です。これは玉川学園創立者の小原國芳先生が提唱した教育理論です。その中心となるのは、子どもの自発的な活動を重視する、20世紀最大の発達心理学者ピュアジェ博士の幼児教育理論です。また、子どもたちは、ひとつひとつのカリキュラムや行事をとおして、友達と協力しながら課題を克服することで豊かな社会性をはぐくみ、全人格的な人間形成を育んでいきます。

      

清い心
やさしい心と思いやりの心を育てます

友達と一緒に遊ぶことはもちろん、絵本や劇などの物語、身の回りにある自然や生命との触れ合いを深め、それを様々なかたちで表現することで想像力を養い、美しいものに感動する豊かな心を育てます。

よい頭
はなしをよく理解し考える力を養います

ピュアジェ博士の認知発達理論にもとづいた「はじめてのあそび」教材活動を基本に、発見する喜び、考える楽しさ、やり遂げた達成感を体験できるよう、様々なカリキュラムを取り入れています。

強い体
健康的な身体はすべてにおいて基本となります

園庭で元気にあそぶことはもちろん、専門の体育講師による体育指導のほかに、独自に開発した新体操を取り入れています。安田式遊具を取り入れ、鉄棒、うんてい、平均台、マットなどを使い、サーキットやゲームを楽しみながら自分でチャレンジする意欲を育てます。



     


教室
2006年4月に新築移転した新しい鉄筋コンクリートの園舎で、全教室・ホール共に冷暖房完備。
すべての教室にはトップライトをつけ、四季折々の明るい自然光を取り入れています。

教室

教室

トップライト

ホール

トイレ
すべての教室と教室の間に衛生的な乾式トイレを配置し、安全に活動しやすいように配慮しています。

男子トイレ

男子用トイレは殺菌脱臭の光触媒タイル敷きで、衛生の為に自動で水が流れます。

女子トイレ

外開きドアは並んでいる園児にぶつかることもあるので、内開きになっています
机と椅子
年少の机と椅子は、年中・年長のものよりも小さいサイズを使用しています。

年少

年中・年長

椅子

    


屋外環境
外では自由に体を動かしたり、安田式体育遊具で体操をしたりします。夏には園庭でプールに入り水遊びを楽しみます。          


安田式

プール

遊具



送迎バス
バスは大型2台、中型2台があります。
バスルートに関してはお問い合わせください
バスで園外に遊びに出かけたりもします。

送迎バス

園外保育

送迎バスの乗降

    



給食とお弁当
月・火・水が給食です。
月曜日と水曜日は盛り付け型のケータリング給食で、各クラスの保護者の方(希望者)に盛り付けのお手伝い(エプロンママ)をお願いして、温かいスープやご飯を食べることができます。
また、量の調節も可能なので無理なく給食が食べられます。
食器も家庭に近いものを使用しています。
(1食275円で翌月に食べた分を集金します)アレルギーのお子様については、アレルギー対応食を注文することができます。
(アレルギーによっては対応できないこともありますのでお問合せください。)

ケータリング

エプロンママ

ケータリング給食

お弁当給食

    
木・金がお弁当です。
この日は好きなものを食べられる分だけ入れていただき、愛情のこもった食事を完食する喜びを味わいます。
         
        
  
 
        
    
半日授業の日にはおやつが出ます。